看護学科長あいさつ

 

医学部看護学科長 小林淳子

 

小林教授 山形大学医学部看護学科は、東北北海道地域で最初に開学した4年制の看護大学です。今年度平成19年4月には、国立大学法人として全国5番目となる看護学の博士後期課程もスタートし、大学の存在意義を高めています。教育・研究・実践の豊かな実績を有する教員組織と、医学部附属病院を中心とする充実した実習環境がここにあります。

地域の医療・保健・福祉に貢献すると同時に、看護学・看護実践を開発して世界に発信できる看護職を目指す皆さんの入学を心から歓迎します。

 

サイト内検索

▲Pagetop