写真でみる4年間

1年次

看護を勉強するために、 まず人間についての理解を深めます。
小白川キャンパスで他学部生と一緒に教養教育科目を学ぶ一方で、導入科目としての看護学入門(スタートアップセミナー)、人体構造、機能学や看護学概論など一部の専門科目の講義も始まります。

  • 人間理解のために、身体の形態や機能、心の発達、社会制度などについて、専門家の講義を受けます。

第2年次

専門科目の本格的履修開始、 初めての臨床での看護実践を通して学びを深めていきます。
基礎学、微生物学など生命科学系の科目に加え、看護のそれぞれの領域の概論や生活援助論など、本格的に専門科目を学びます。後期には基礎看護学実習があります。

  • 基礎看護技術の演習では、患者さんの日常生活に必要な援助の一つ一つを、体験を通して学んでいきます。
  • 看護実践に必要な技術を、患者様との場面を想定して、大学内の実習室で演習します。

第3年次

各領域における看護の特徴や方法などを、 現場での実践を通して、感じ、考えていきます。 前期には看護のそれぞれの領域の方法論の授業が終わり、後期には基礎実習があります。成人看護学や小児看護学など病院実習主となります。

  • 地域看護方法について3年生までに理論を学びます。
  • 対象に必要な健康の知識と技術を提供する「健康教育」の企画、実践、評価、までの一連の流れを学習します。
  • デモンストレーションは住民が参加者役になった学生が相手ですが、話し方や教材にも試行錯誤を繰り返します。

  • 臨地実習では、少人数で各領域の専門的な看護実践を学びます。
  • 大学附属病院で、受け持ち患者様のケアを通じて、スキル向上や看護観の形成を目指します。
  • 生まれたばかりの赤ちゃんは新陳代謝が活発で、免疫機能も弱いので、皮膚を清潔に保つなどの適切なケアが必要となります。

第4年次

看護研究(卒業研究)→論文発表、地域看護学実習、 就職・進学・国家試験のための勉強に取り組みます。
講義のほかに、看護研究(卒業研究)、地域看護学の実習などがあります。看護研究はそれぞれ興味のあるテーマに取り組み、論文にまとめて口頭発表をします。同時に就職や進学のための試験勉強、そして看護師・保健師国家試験のための勉強にも取り組んでいきます。

  • 実習では地域住民を対象とした「閉じこもり予防」、「転倒予防」、「歯の健康」などをテーマに健康教育を行います。参加者の興味をひきつけ、正しい知識を持ってもらえるような指導を心がけます。
  • こうした健康教育が住民の健康への意識を高め、疾病予防や健康づくりへと繋がります。

  • 在宅看護実習では訪問看護ステーションの訪問看護師と共に療養者の住む家へ出向いて看護を提供します。
  • 実習では訪問看護師とのディスカッションを通して学びを深めます。

  • 4年生の市町村実習では、保健師が行う地域住民への健康相談を学びます。

  • 卒業研究は、調査研究、実験研究、介入研究など、テーマによって研究方法を決め、データを取り、分析・考察します。写真は実験研究の一コマ。
  • 研究に使うマウスの皮膚などの標本を、ミクロン単位でスライスして作っています。

サイト内検索

▲Pagetop