臨床看護学講座・教員紹介

成人急性期看護学

看護は、観察から始まります。それは単に見るということではなく、科学者として見ることです。対象を客観的に見ることで、周手術期の心身の状態が観察できます。その時の報告・記録によって、健康障害による生体の反応や、生活行動への影響が探求できます。健康障害の要因が、どのような条件によって、進行してきたかを類推することもできます。こうした学習で、健康の回復過程への支援の方法が見いだせます。この教育が成人・老人急性期看護学の特性です。

  • 教 授/古瀬みどり
  • 助 教/松浪容子

急性期看護学ホームページ

成人慢性期看護学

生活習慣病をはじめとする慢性病や障害と長く人生を共にする方々や高齢者のための看護を学びます。この領域では、ターミナルケアやリハビリテーション看護など、専門的な看護技術や知識に基づき、ひとりひとりの自己決定を適切に支援できる看護について、講義、演習、そして臨地実習を通し学習します。

  • 准教授/武田洋子
  • 助  教/東海林美幸

慢性期看護学ホームページ

高齢者看護学

高齢期の身体・心理・社会的側面の変化を偏見なく理解できる専門的知識とアセスメント力が、高齢者看護学の第一歩です。そして、リハビリテーション理論に基づいた高齢者の尊厳と自律を支える看護支援の哲学、専門技術、しくみを学習します。

  • 教 授/佐藤和佳子
  • 助 教/川口 寛介

高齢者看護学ホームページ

小児看護学

健康な時にも病気と闘っている時にも、子どもには適切なケアが必要です。したがって、子どもをよく理解し、上手に対応する方法を学ぶ必要があります。小児看護学ではこどもの最善の利益を考えながら、子どもを支える看護を学びます。

  • 教 授/佐藤幸子
  • 助 教/今田志保

母性看護学

母性看護学では、妊娠、出産、育児をする女性や家族だけでなく、女性の一生を看護の対象とする分野です。学習を通して対象者の看護について学ぶだけでなく、学生自身の生き方をも考える機会になるよう心がけています。

  • 准教授/藤田愛(めぐみ)
  • 講  師/山口咲奈枝
  • 助  教/山田志枝

小児・母性看護学ホームページ

精神看護学/臨床心理学

臨床心理学では、人間の一生で起き得る変化をとらえ、危機的状況を援助する方法を学びます。心身に影響を与える疾病(虐待や発達障害、心身症など)についても学んでいきます。

精神看護学は、精神の健康に問題を抱える人だけでなく、健康な人も看護の対象とする分野です。講義や臨地実習、統合実習を通じて、対象者と対象者を取り巻く環境を考える広い視野から看護を学びます。

  • 教  授/齋藤貴史
  • 准教授/齋藤深雪
  • 助  教/加藤真理子

サイト内検索

▲Pagetop