リレーエッセイ

リレーエッセイ 第7回 博士前期課程14期生 宇野日菜子さん

 はじめまして。博士前期課程14期卒業生の宇野日菜子と申します。

 私は大学を卒業後、山形大学医学部附属病院の産婦人科病棟に助産師として勤務していました。臨床4年目にもっと勉強したいという気持ちが強くなり、当大学の大学院に入学しました。学ぶことの楽しさやプレゼンテーションの難しさを感じながら日々を過ごしていました。そんななか、教員という仕事にも興味を持っていた頃、縁があって看護学科の教員になることができました。教員になり、教育・研究・実践という3本柱を両立していくことの難しさや奥深さを感じています。日々の学生の皆さんとの交流が、私の活力になっています。まだまだ未熟な私ですが、少しでも学生の皆さんに看護することの楽しさを伝えられるようにとの思いから、演習中は熱が入り過ぎてしまい、顔面は紅潮し、唾は飛び、声が枯れるといった散々な姿です。どうぞ演習時の写真をご覧ください。

 学生の皆さんが卒業した後は、それぞれ県内外に就職されるので、皆さんがどうしているのかなと考えたりしています。卒業後の皆さんと会える貴重な機会が、同窓会である「樹氷会交流会」です。毎年、参加される同窓生の皆さんの近況を聞くのが、とても楽しみです。様々な進路を歩まれた同窓生や育児と仕事を両立しながら働く同窓生とも交流もできるので、自分の進路や転職で迷っている時にも役にたちます。私自身も多くの同窓生との交流から、いい刺激をたくさんもらっています。

 宣伝になりますが、今回の交流会は6月8日(土)14時から看護学科2階の地域看護学実習室で行われます。内容は、メイクアップ講座「女子力アップ!男を磨け!好感度アップのメイクレッスン」です。女性は、主にアイメイクのメイクアップレッスンです。職場でも使えるナチュラルアイメイクで、好感度が3割増しすること間違いなしです。男性には、加齢に伴う肌トラブルの悩みが解決できるよう、フェイシャルマッサージをやっていただきます。プロの講師をお呼びし、わかりやすくレッスンして頂きます。明るく気軽な雰囲気で、コーヒーやお菓子をつまみながら気軽に交流を深めてもらいたいとう思いから企画したものです。

 お子様連れでの参加も大歓迎です。ぜひ母校の交流会に来てみませんか。

Page Top