お知らせ

「山形大学医学部看護学科・看護部人事交流の成果-授業・実習・実践への還元」をテーマにした平成27年度山形大学看護学教育ワークショップの報告書を掲載しました。下記からダウンロードできます。

平成27年度山形大学看護学教育ワークショップが1月7日(水)に開催されました。

これは、山形大学医学部看護学科と医学部附属病院看護部が連携し、毎年開催しているワークショップであり、今年度は「山形大学医学部看護学科・看護部人事交流の成果―授業・実習・実践への還元」をテーマに開催されました。

報告書のPDFをこちらからダウンロードできます。

古瀬みどり教授が日本家族看護学会第23回学術集会(2016年8月)を開催

本学科 古瀬みどり教授が日本家族看護学会第23回学術集会を開催します(2016年8月27日・28日) 詳しくは、http://jarfn23.umin.jp/をごらんください。

キャリア発達支援事業が日本看護科学学会で取り上げられました

第33回日本看護科学学会学術集会にて、本学の「看護学教員のキャリア発達支援に関する取り組みと今後の課題」が取り上げられました。 詳しくは、http://n-yu.jp/career/archives/53 をご覧下さい。

山形大学校友会事業「山形大学卒業生講演会」について

看護学科同窓会の樹氷会が企画して、「山形大学卒業生講演会」を開催いたします。

詳しくは、こちらをごらんください。

感染防御・遺伝科学分野のホームページを開設しました。

関亦研究室(感染防御・遺伝科学分野)のホームページが開設されました。 詳しくは、こちらをご覧下さい。

看護学科2年次学生が「小さな親切」の表彰を受けました。

医学部看護学科2年の飯塚翔子さんが、公益社団法人「小さな親切」運動本部から表彰され、9月26日に結城学長から表彰状等を授与されました。

http://www.yamagata-u.ac.jp/jpn/yu/modules/bulletin1/article.php?storyid=684

 

助産師コースが認可されました。

山形大学医学部看護学科では、平成24年度入学者から新たに助産師コース(定員若干名)の設置を申請しておりました。

助産師コースは、11月30日付で、文部科学省から正式に認可されましたので、ここにお知らせいたします。

  • 従来の看護師、保健師に加え、平成24年度入学生から助産師のコースを設けます。
  • 学生は保健師または助産師コースの選択が可能となります。
  • 助産師コースを修了すると、助産師国家試験受験資格を、保健師コースを修了すると、保健師国家試験受験資格をそれぞれ 得ることができます。
  • 助産師コースは定員を超える希望者がある場合は選抜となります。

助産師コースについて(予告)

山形大学医学部看護学科では平成24年度入学者から新たに助産師コース(定員若干名)の設置を申請しております。

助産師コースは現在申請中であり、文部科学省から認可され次第、ホームページ等でお知らせします。概要は次のとおりです。

  • 従来の看護師、保健師に加え、平成24年度入学生から助産師のコースを設けます。
  • 学生は保健師または助産師コースの選択が可能となります。
  • 助産師コースを修了すると、助産師国家試験受験資格を、保健師コースを修了すると、保健師国家試験受験資格をそれぞれ 得ることができます。
  • 助産師コースは定員を超える希望者がある場合は選抜となります。

東日本大震災により被災された山形大学学部入学志願者の検定料の免除について

山形大学では、東日本大震災で被災された方の経済的負担を軽減し、受験機会を提供する
 ために、平成24年度学部入学者選抜試験(一般入試、AO入試、推薦入試、社会人入試及び
 私費外国人留学生入試を対象。)に係る検定料を免除する特別措置を講じます。
  なお、本件に関する詳細は次のファイル()をご確認ください。

  • 東日本大震災により被災された山形大学学部入学志願者の検定料の免除について 
  • 入学検定料免除申請書 

http://www.yamagata-u.ac.jp/jpn/yu/modules/entrance2/index.php?id=23&yu_m=2_4 より転載

書式ダウンロード:1年次コミュニケーション論が加わりました。

授業・学生生活にある書式ダウンロードのページに、新たに1年次コミュニケーション論の書式が加わりました。
1 2 3

サイト内検索

▲Pagetop