研修方法・内容

附属病院における看護学科教員の看護活動について

1.目的

看護学科教員が、附属病院において看護活動に参加しつつ実践力を涵養することを目的とする。

2.看護活動を行う教員

附属病院において看護活動を行う教員は、看護学科の教授、准教授、講師及び助教とする。

3.看護活動の場

病棟、外来、地域連携センター及び医療チーム等、教員の専門性に応じた場における活動とする。

4.看護活動の体制

  1. 教員が附属病院の業務に参加するときは、病院長の指示に従う。
  2.  附属病院において活動する教員及び活動の場については、キャリア発達促進委員会において取りまとめ、病院長及び看護部長へ提出する。

5.実践への参画の方法

  1. 最初に教授がフィールドに出て実践方法を模索し、順次、准教授、講師へと進める。助教は当面はキャリア発達研修として実践に参画する。
  2. 1~2週に半日程度実践の場に出ることから始め、場に慣れ信頼関係を構築し、各自が専門性を活かせる方法を模索する。

6. 看護部との連携

活動にあたっては、常に看護部と連携し、実践や教育の質の向上に努める。

▲Page Top