プログラム実施要項

看護学教員のキャリア発達支援事業実施要項

1.目的

本事業は、看護学科と附属病院看護部との人事交流を基盤として、看護学科教員が病院で専門領域に係る実践研修を実施することにより教育に必要な看護実践能力、マネジメント能力、実践に貢献する研究能力を高め、また、看護師が看護学科で教育及び実習指導を行う教育実践研修を実施することにより教育力を高めるシステムを確立することを目的とする。

2. 看護教員キャリア発達支援センターの設置

  1. 本事業を円滑に運営するために看護教員キャリア発達支援センター(以下「センター」という。)を設置する。
  2.  センターにおける事業は、学部長、病院長、学科長及び看護部長の合意のもとに行う。
  3. センターに教員及び看護師を配置し、本事業運営に係る計画・実施・調整等を行う。

3.  研修方法

  1. 研修計画
    研修目標および計画を立案し、調整担当者に提出し承認を得る。
  2. 研修期間
    原則として6か月とする。
  3. 研修人数
    年間1~2組
  4. 研修場所
    山形大学医学部附属病院、山形大学医学部看護学科
  5. 研修内容
    1. 看護学科教員
      附属病院の人事交流実施項目に基づき,がん看護や感染看護、排泄ケア看護など各教員の専門領域における看護実践を研修する。研修はオーダーメイド型とし、病棟横断的な研修が可能である。具体的な研修内容は各教員の研修計画書に基づき看護部担当者と協議して実施する。
    2. 附属病院看護師
      看護学科人事交流実施項目に基づき各自の研修目標・計画を立案し、看護学科担当教授と協議して教育・研究を実施する。研修はオーダーメイド型とし、領域横断的な研修が可能である。具体的な研修内容は各看護師の研修計画書に基づき看護学科担当教授と協議して実施する。

4. 身分に関すること

  1. 看護学科教員は、附属病院看護部助教等に配置換えする。
  2. 附属病院看護部看護師は、看護学科教員に配置換えする。

5. 研修後の教員の看護実践の継続 について

  1. 継続的な実践方法については、研修終了時に協議する。

 

 

▲Page Top