先輩からのメッセージ

山大を志望したきっかけと、入学後の生活

看護学科2年 鈴木航(学年は取材時)

山大を志望したきっかけ

私が山形大学看護学科を志望したきっかけは、中高と入院を繰り返すことがあり、入院生活の中で看護師は人の助けになるすばらしい職業だと思い自分も看護師のような人の助けになれる仕事に就きたいと思ったからです。
また、病院などの施設が充実しており、看護師を目指すうえで最適な環境だと思ったからです。

(さらに…)

勉強に、部活動に。忙しいけれど充実した日々を送っています!

看護学科2年 遠藤実咲(学年は取材時)

私が山形大学を志望したのは、一般教養から専門科目までの幅広い知識を、一年次から深く探究することができるということに魅力を感じたためです。
一年次には、自分の追及したい分野だけでなく幅広い分野における知識を習得することができます。一般教養は全学部が同じキャンパス内で学ぶため、様々な分野の方と交流ができて新鮮です。

また、勉強だけでなく部活動やサークル活動に打ち込むことで、気分転換や心機一転にもつながります。
私はハンドボール部のマネージャーをしていますが、忙しいなか辛い練習に励む選手の皆さんが試合に臨む姿を見るたび胸が熱くなります。

(さらに…)

患者様や家族のニーズに沿った看護を目指しています

看護学科4年 男澤瑞希(宮城県・佐沼高校出身 学年は取材時)

私にとっては、附属病院での実習がとても楽しく、勉強になりました。実際に患者様と関わってみると、いくら講義で知識や技術を学んでいても緊張と焦りからすぐに対応できないことも多くありましたが、実習によって実際に働いている看護師の方々を間近で見ることができ、また一緒にケアをさせていただくことで、患者様への接し方など講義では学ぶことのできない細かなことも学ぶことができたと感じています。

(さらに…)

仲間たちとともにお互いを高め合いながら夢を叶えたい

看護学科2年 天野和沙(山形県・米沢東高校出身 学年は取材時)

私は、将来看護職に就くことを目標として山形大学に入学しました。看護学科に入学した大半の人は医療に関係する仕事に就くと思いますが、幅広い知識を得るためにも様々な分野の講義を受講することが望ましいと考えます。1年次は小白川キャンパスで一般教養を学びます。自分で興味のある講義を選び、時間割を作成できるので時間を有効に使えます。皆、それぞれ勉強だけではなく、アルバイトや部活、サークル活動を通してたくさんの人と関わり、友好関係を築いていたようです。

(さらに…)

Page Top