福利厚生

経済支援

  • 多彩な授業料納付方法の設定(各学期ごとに変更できます)
    1. 年1回払い(1年間分の授業料を4月に振替)
    2. 年2回払い(前期4月、後期10月に振替)
    3. 年10回均等払い(4~8月、10~2月に振替)
    4. 年10回ボーナス併用払い(年10回払い/前期8月、後期1月にボーナス分加算で振替)
  • 入学料・授業料免除制度
     詳しくはこちらをごらんください。
  • 奨学金制度の紹介(日本学生支援機構他)
     詳しくはこちらをごらんください。
  • 山形大学山澤進奨学金 山形俊才育成プロジェクト
     詳しくはこちらをごらんください。
  • 山形大学修学支援事業学生支援奨学金
     詳しくはこちらをごらんください。
  • 山形銀行による山形大学奨学ローン
     詳しくは、山形銀行にお問い合わせください。

 就職支援

  • 卒業生の就職・進学率は、毎年ほぼ100%です。
  • 1年次からのキャリア教育プログラムを策定して実行しています。
  • 山形県のみならず、首都圏を越えて病院担当者が就職依頼に来校しています。また、就職案内が毎年500件程度届いています。
    これらの就職情報は、学科内の学習室で閲覧可能になっています。
  • 看護学科厚生委員会の事業としても取り組んでいます。
    • 野外セミナー小委員会
      • 2年次野外セミナー(例年6月)
      • 4年次野外セミナー(例年4月)
          いずれのセミナーでも、授業を離れて、将来のキャリアを考える機会としています。
    • 就職・進路対策小委員会
      • 保健師懇談会
      • 助産師懇談会
      • 養護教諭懇談会
          就労あるいは進学した卒業生から、受験対策・最新情報を提供してもらいます。
      • ビジネスマナー講座(4年次)

学生寮

山形大学の学生寮では入寮募集が2月頃に行われますが、年度内に欠員が生じた場合は、その都度入寮募集が行われます。入寮希望者は、所定の入寮願書に指定する書類を添えて、担当窓口に願い出ることになっています。

詳しくは山形大学学生寮情報をご覧ください。

心のケア

  • アドバイザ教員による支援
    高校までの担任に相当します。学年ごとに複数おります。
  • 1年生対象に五月病予防のための精神保健セミナーの開催
  • 学生の意見箱の設置
    匿名による相談を受け付けています。
  • 看護学科厚生委員長による相談窓口
    学生生活全般の相談にのります。年間のべ数十人が利用しています。
    (平成23年度現在、常勤で専任の小児神経専門医が担当しており、心身の病気に関する相談も可能)

     

  • 医学部独自:医学部精神科教員による「心の相談室」の設置
  • 臨床心理士による「医学部学生相談室」の開催

 整備された学習環境

  • 科目担当教員のオフィスアワー時間の設定しています。
  • インターネット端末が配備された学習室
    学科内に、パソコン10余台を配備した学習室があってご利用いただけます。
Page Top