アドミッションポリシー

博士前期課程

(看護学専攻)

看護学専攻では社会や看護界の要請に応えるため、高度の判断能力と実践力を身につけた高度実践看護職者の養成、並びに教育研究者の養成を目的としています。
看護学専攻の求める学生像は以下のとおりです。

求める学生像

  • 専攻したい看護領域における基礎知識を身につけている人
  • 倫理観を備え、科学的根拠に基づき、主体的に課題に取り組む意欲や探究心がある人
  • 広く学識の涵養に努めるとともに、教育・研究・看護実践活動にリーダーとして貢献する意志がある人

博士後期課程

(看護学専攻)

看護学専攻は、研究マインドのある自立した看護高度専門職業人として、看護の質の向上を推進するため、理論・技術開発からシステムづくり、人づくりまで統合的かつ学際的な視野で促進できる人材を育成し、我が国の来るべき超高齢社会に貢献することをめざしています。
看護学専攻の求める学生像は以下のとおりです

求める学生像

  • 専攻したい領域における看護研究を推進できる基礎能力を有する人
  • 基本的人権擁護と高い倫理意識を兼ね備え、人々の自己決定を支援できる人
  • 豊かな学識の涵養に努めるとともに、研究マインドのある看護高度専門職業人として、教育・研究・看護実践活動に貢献する意志がある人
 

カリキュラムポリシー

博士前期課程

看護の現象を論理的かつ体系的に説那き、看護研究を推進できる基礎能力を有する看護教育・研究者、高度専門職業人を育成するため以下のようにカリキュラムを編成している

  • 教育課程は「基礎看護学」「臨床看護学」「地域看護学」の3領域を設定している。 掘修課程は、主専攻領域の特論・演習・特別看護研究に加え、他領域の特論履修を定め、自給猷により幅広い知識と広い視野を備えた総合力をつけるよう配慮している。
  • 看護研究倫理について、平成16年度に看護研究における倫理に関する申し合わせを定め、高い倫理意識に基づき手続きを具現化できる能力の習得に配慮し、修士論文合格基準の必要条件としている。
  • 修士論文審査では、論理的思考・説明能力の育成を考慮し、論文審査基準を公表し、公開制で実施している。

博士後期課程

看護・介護サービス利用者の安全と安心の保証、尊厳ある蛸と健康支援の発展に貢献し、看護・介護の理論・技術・システム・人材育成の統合的な開発力を備えた研究マインドのある、自立した看護高度専門職業人の育成をめざし、以下のようにカリキュラムを編成している。

  • 「高齢社会看護学」の教育研究分野を設置している。
  • 教育・研究分野は、「安全・管理支援看護学」「生涯生活支援看護学」の2領域で構成している。
  • 授業は、2領域の学生が自己の研究課題領域について、学術基盤に基づき明確に説明できることを目標とした「高齢社会看護学特論」、博士の学位論文研究計画にふさわしい研究仮説と研究方法を具体的に立案できる能力の獲得を目指した「研究方法演習」、実践フィールドにおける指導者としての専門分野の活動を実際に展開し、地域や実践の場への新た細論や技術の導入、システムや人材育成に向け高度専門職業人としての豊かな学識と高い見識を獲得することを目標とする「フィールド実習」、特論・研究方法演習・フィールド実習の成果を踏まえ、馴研究で博士の学位にふさわしい、科学的根拠に基づく研究方法・研究成果の考察を踏まえた学位論文を作成するように編成している。
 

デュプロマポリシー

博士前期課程

学位は下記の要件を備え、看護学専攻博士前期課程を修了した者に授与する。

  • 基本的人権擁護と高い倫理意識、幅広い知識と広い視野を兼ね備え、人々の自己決定を適切に支援できる。
  • 科学的根拠に基づき、看護の現象、実践技術およびシステム上の課題を明らかにし解決するために、看護の研究を推進できる基礎能力を有する。
  • 多様なサービス提供の場にあって、国内外を問わず学際的チームの協働・連携に寄与できる。

博士後期課程

学位は下記の要件を備え、看学専攻博士後期課程を修了した者に授与する。

  • 看護・介護の安全と質を保証する教育・研究・実践活動を自立して展開できる。
  • 高齢社会を担う子どもの健やかな心と精神発達への支援から高齢者の健康支援、虚弱、介護を要する高齢者、在宅療養者の尊厳ある生活への支援まで看護・介護に関する教育・研究・実践活動を自立して展開できる。
  • 高齢社会の看護高度専門職業人に不可欠な、豊かな学識と高い見識を備え基礎理論に基づく高齢者の疾病予防と生活支援方法を開発・整備し、教育・研究・実践への貢献を自立して展開できる。

検索

▲Pagetop