看護学専攻部会長挨拶

看護学専攻部会長 佐藤幸子

sato

わが国の少子高齢化は他に類を見ないスピードで進行しており,医療保健体制の大きな変革が推定されています。これにともない,看護師の役割拡大が求められてきています。看護師としてのキャリアパスも多様化し,今後様々な活躍の可能性が広がると言えましょう。生涯学習の必要性がさらに高まってきています。

その学習の一端を担うのが大学院教育です。本専攻は,研究マインドのある自立した看護高度専門職業人を育成することを目指しています。大学院では,看護実践の質を高めるために必要な哲学的思考や倫理的判断,そして科学的なものの考え方・判断力を,講義・演習,フィールドワークや研究活動を通して修得します。

私たち教員も実践・研究を率先して実施し,より質の高い教育を提供できるように日々努力を重ねてまいります。同時に,学生一人ひとりを大切にした,きめ細やかな教育支援が出来るように配慮してまいります。

学生の皆さんが大学院で主体的に学ぶ中から,自分の可能性を引き出していただけることをご祈念申し上げます。

検索

▲Pagetop