教育理念・人材育成

前期課程

理 念

 健やかに育ち健やかに老いることを支援するために、倫理観と科学的根拠に基づき、看護の現象を論理的かつ体系的に説明でき、看護研究を推進できる基礎能力を有する看護学教育・研究者、高度専門職業人を育成する。

人材育成目標 基本的人権擁護と高い倫理意識を兼ね備え、人々の自己決定を、適切に支援できる人材を育成する。 科学的根拠に基づき、看護の現象、実践技術およびシステム上の課題を明らかにし解決するために、看護の研究を推進できる基礎能力を有する人材を育成する。 多様なサービス提供の場にあって、国内外問わず学際的チームの協働・連携に寄与できる人材を育成する。

 

後期課程

理 念

 人々の安全と安心、健康と尊厳ある生活を支え、超高齢社会に向けて人づくり・システムづくりを促進できる、研究マインドのある、自立した看護高度専門職業人を育成する。

人材育成目標 看護・介護の安全と質を保証する教育・研究・実践活動を自立して展開できる人材を育成する。 高齢社会を担う子どもの健やかな心と精神発達への支援から高齢者の健康支援、虚弱・介護を要する高齢者、在宅療養者の尊厳ある生活を支援する看護・介護に関する教育・研究・実践活動を自立して展開できる人材を育成する。 高齢社会の看護高度専門職業人に不可欠な、加齢理論・看護薬理学に基づく高齢者の疾病予防と生活支援の基礎理論を開発・整備し、教育・研究・実践への貢献を自立して展開できる人材を育成する。

検索

▲Pagetop