平成29年度 在宅がん緩和看護及び在宅医療・在宅看護教育センター合同研修会

平成29年度「在宅がん緩和看護及び在宅医療・在宅看護教育センター合同研修会」教育講演が2月18日(日)に開催されました。

白十字訪問看護ステーション統括所長、マギーズ東京のセンター長でもある秋山正子先生から「在宅の不思議な力~どんなときでも、命は輝く」「がん体験者と共に歩む~マギーズ東京における支援の実際~」についてご講演を頂きました。戸山ハイツでの暮らしの保健室や坂町ミモザの家(看護小規模多機能型居宅介護)の設立経緯,聞き書きボランティアの育成などの精力的な地域支援活動の実施をはじめ,2016年にオープンし一周年を迎えたマギーズ東京の活動においてはがん療養者の生を支える心身へのケアの実際についてご講演いただきました。いずれも活動過程を踏まえた力強い実践活動をご紹介いただき、今後の我々の活動意欲にエネルギーを頂戴できたご講演でした。参加は、例年より広い分野からの応募があり、病院の研修医や医学科学生,看護師,訪問看護師,地域包括支援センターの社会福祉士,大学院生,学部学生,看護師養成機関教員,大学教員ら94名と,大雪に見舞われたにも関わらず盛会に終了しました。

«

»

アーカイブ

▲Pagetop