4年次生の在宅看護学実習が始まりました

 在宅看護学実習では地域で暮らす人々の医療と生活を支える訪問看護ステーションと地域包括支援センター、病院から在宅への移行を支援する病院の退院支援部門の3施設で実習を行います。また学内ではポジショニングなど在宅療養支援に必要な基礎的な技術の演習を行います。3年次までの領域実習を踏まえ、地域で生活する療養者とその家族に提供されている看護や社会資源を利用した連携支援について学びます。

«

»

アーカイブ

▲Pagetop