イベント カテゴリーの投稿

山形大学医学部にて第20回北日本看護学会学術集会を開催いたしました

2017年9月9日,10日に,山形大学医学部にて,第20回北日本看護学会学術集会を開催し,多くの皆様のご参加を得て,盛会のうちに終了いたしました。

学術集会20周年という節目の年に,「社会が求める看護の探求-20周年を迎えた北日本看護学会-」のテーマにて,20周年記念シンポジウムや特別講演,教育講演,一般演題発表等で活発な意見交換を行い,今後への示唆を得ることができました。

ご参加いただきました皆様,ならびにご支援ご協力いただきました皆様に深く感謝し,心より御礼申し上げます。

学術集会長 山形大学医学部看護学科 学科長・教授 小林淳子
学術集会事務局・実行委員一同

20周年記念シンポジウム

 

特別講演

 

教育講演

 

一般演題発表(口演)

 

一般演題発表(示説)

 

 

平成29年Student Nurse 認定証授与式

8月28日Student Nurse 認定証授与式が開催されました。

Student Nurse とは臨床看護実習資格判定、
いわゆる3年次客観的看護実践能力試験に合格した学生に与えられる認定証です。

9月からの臨地実習では、目の前の患者さんに真摯に向き合い、
実践を通して看護の力を身に着けてください。

また、医療チームの一員であることを忘れずに、
健康に気をつけて実習に臨みましょう。

成績優秀者表彰

平成29年8月28日に3年次生の成績優秀者の表彰がSN認証授与式と共に行われました。
受賞されたのは以下の方々です。
おめでとうございます。

最優秀賞 山内しほさん

優秀賞  尾潟真悠子さん 斎藤美玖さん

3年生のみなさん
これから始まる臨地実習ではこれまで得た知識を十分に活用していただき、
実り多い実習になることを祈念しています。
看護学科教員一同、益々成長されることを期待しております。

平成29年度 看護学科体験入学を行いました

酷暑の中、山形県内および近県からたくさんの高校生の方が参加してくださいました。

医学部付属病院の手術部、集中治療部、病棟の見学、
在学生との懇談会や模擬授業を行いました。

みなさん、イキイキと楽しそうに参加しておられました。
来年4月この体験入学に参加された方が本学に入学し、
再度会えることを楽しみにしております。

平成29年度のオープンキャンパスが終了しました

多くの皆様にご参加いただきました。
午前はキャンパス・病院見学会が開催されました。
午後は、第一部の説明会、第二部の看護学科内の見学会、相談会が開催されました。
説明会の様子です。
相談会の様子です。



看護学科内の見学会の様子です。

あいにくの天候にもかかわらず、多くの方のご参加本当にありがとうございました。
本学医学部看護学科でまた一緒に勉強できることを願っております。







 

高校生のための医師・看護師体験セミナー: 7月17日開催

山形県主催の高校生のための医師・看護師体験セミナーが山形大学医学部で開
催されました。
高校1年生を対象としており、将来の仕事の選択肢に医師や看護師を選んでもら
うためのイベントです。
県内全域の高校からの参加頂きました。
午前中は、医学部の教員や学生達の指導の下、心肺蘇生や高齢者体験などの体験
プログラムを全員で周り、
午後は医師か看護師それぞれ希望の体験をしていただきました。
医師に希望した高校生は、内視鏡や、自動縫合・結紮などをタイムトライアルで
楽しみながらも真剣に体験していました。
看護師の希望の方は、がん患者さんの心理や抗ガン剤の取り扱いとその看護を体
験していました。その表情も真剣そのもの。
 最後の閉講式では、参加者全員が修了証をもらい、「医師・看護師になりたい
気持ちが強くなった」、「勉強の励みになる」などの感想も聞かれました。
3年後、山形大学医学部の飯田キャンパスで学生として再会できる方が沢山いて
欲しいと思います。

 山形の医療を盛り上げる医療者を多く育成するためにも、本学は貢献してまい
ります。

3年次対象実践能力形成評価を行いました

7月7日に3年生を対象とした客観的看護実践能力試験を行いました。
この試験では実際の患者さんを想定した課題の技能を実施します。
この経験を活かして9月からの臨地実習に取り組みましょう。

看護師アドバンスト実習が始まりました

7月3日から看護師アドバンスト実習が始まりました。
実習では、学生が希望した病棟で受け持ち患者への支援をはじめ
チーム医療に参加し、看護実践能力を養います。
医療コンシェルジュステーションでの実習や夜勤実習も含まれています。
将来の看護師像をイメージし、看護実践力を高めてほしいと思います。


助産師選択コース・進学希望者懇談会が開催されました

7月3日、助産師希望学生を対象にした懇談会を開催しました。 
7名の学生が参加し、現在実習中の助産師コース学生4名から、助産実習と臨地実習との違い、
生活のこと、試験のことなど具体的な話を聞くことができました。
助産師コースに合格することが目標ではなく、助産師になるという強い信念をもって
実習や勉強に取り組む大切さが伝わったようです。

平成29年度 2年次野外セミナーが開催されました

平成29年度2年次野外セミナーが5月11日「看護職の可能性」をテーマに開催されました。
看護師として働く19期生から「小児科病棟での2年間を振り返って」、保健師として働く19期生から「『みる』『つなぐ』『うごかす』保健師の仕事」、助産師として働く14期生から「女性のライフサイクルを支える助産師」と題してご講演いただいた後シンポジウムを行いました。午後は会食とグループ討議でした。

2年次は専門科目の講義が本格的になり、看護を学び続けることの意味を考える時期でもあります。午前の卒業生の講演とシンポジウム、午後の会食とグループ討議を通して、学生は来年に控えたコース選択をイメージし、看護を学ぶことの意義を意識できたのではないかと思います。

1 2 3 4 5 6 9

アーカイブ

▲Pagetop