最新情報

10月大学院公開ゼミ

9月の公開ゼミは、学外から30名の参加があり、活発な議論がなされました。 席上で、10月の横山研究室・大学院公開ゼミの開催日程が決定いたしましたので、ご連絡申し上げます。
  • 10月17日(月) 午後7時から
  • 看護学科 第3講義室 (2階)
事前申し込みは不要です。参加費は無料です。 車でおいでになる方は、大学病院の駐車場に駐車し、駐車券をご持参ください。

平成23年度第4回日本看護管理学会例会in山形

テーマ:震災復興のために必要な看護職のネットワーク

平成23年3月11日、日本人が今まで経験したこともないほどの大きな被害を受けた東日本大震災が発生しました。この震災でさまざまな場で看護職が活躍しました。また、改めて必要なシステムについて気づかされることが多くありました。それらの看護職の活躍や今後必要であるシステムについて振り返ることで、災害における看護管理や必要な看護職のネットワークについて議論していきたいと思います。

  1. 日時:平成23年11月12日(土)  10:00-14:30
     
  2. 場所:山形県山形市飯田西2丁目2-2 山形大学医学部大講義室
    (JR山形駅よりタクシーで10分程度、山交バスで大学病院前下車所要時間15分程度)
     
  3. プログラム
    (1) シンポジストによる講演  10:00-11:30
    • 被災地大学病院看護管理者の立場から(20分)
       東北大学病院看護部長:門間典子
    • 被災地隣県大学病院看護管理者の立場から(20分)
       山形大学医学部附属病院看護部長:大谷和子
    • 被災地への保健師派遣の立場から(20分)
       山形県保健薬務課健康やまがた推進室長補佐:長岡静子
    • 訪問看護師の立場から(20分)
       山形県看護協会立訪問看護ステーションべにばな訪問看護師:角田紘司
    (2)シンポジウム13:00-14:30
    • 震災復興のために必要な看護職のネットワーク:シンポジスト4名を交えたシンポジウム
       ファシリテーター:元国家公務員共済組合連合会東北公済病院看護部長:齋田トキ子
       山形県立保健医療大学保健医療学部看護学科准教授:寺島美紀子
  4. 参加費
     日本看護管理学会員 1000円、非学会員1500円
     
  5. 申し込み方法
     FAXにて、申し込み用紙(氏名、所属、学会員有無、連絡先)でFAX番号 023-628-5930にお送りください。
     申し込み用紙ロードダウンロード: pdf ファイル
     
  6. 連絡先
     電話でご連絡の際、留守番電話の場合はお名前と電話番号をメッセージにお入れいただけると、後ほどご連絡いたします。
    • メールアドレス: ykano@med.id.yamagata-u.ac.jp(叶谷(かのや))
    • 電話番号: 023-628-5456(叶谷研究室)
       
  7. 後援:山形県看護協会
     
  8. 受講証明書
     セミナーに参加された方には当日、受講証明書をお渡しします。日本看護協会認定看護管理者の認定更新のための自己研鑽実績の申告等にご利用ください。

平成23年度 山形大学看護学科体験入学

8月19日(金)と9月3日(土)に看護学科体験入学を高校2年生、3年生の方々を対象に実施しました。 プログラムは、山形大学附属病院の見学、山形大学医学部看護学科の在校生との懇談、看護体験を含む模擬授業です。 「大学の付属病院を見学できてよかった。設備が充実していて、こういう場で働きたいと思った。」 「大学生との懇談がとても参考になり、たくさんの話をきくことができて本当によかったです。」 「模擬授業がとても良い体験になりました。」「初めて聴診器で心臓の音が聴けて感動でした。」など、参加者の方々からの声が寄せられました。

 

山形大学医学部附属病院見学

在学生との懇談会

模擬授業 8月19日

模擬授業 9月3日

模擬授業 -血圧測定-

中国青年医師団と4年次学生の交流

中国青年医師団が、山形大学医学部附属病院を研修視察しました。 学生との交流会も企画され、当科からは、4年次学生の石井美和子さん(中央左)と 清野有香さんが参加しました。

9月大学院公開ゼミ

横山研究室の大学院公開ゼミの開催日程が決定いたしましたので、ご連絡申し上げます。
  • 9月28日(水) 午後7時から
  • 看護学科 第3講義室 (2階)
事前申し込みは不要です。参加費は無料です。 車でおいでになる方は、大学病院の駐車場に駐車し、駐車券をご持参ください。

山形大学医学部の内容が山形新聞に掲載されました

8月27日(土)の山形新聞に山形大学医学部の内容が掲載されました。 受験生の方々は参考になさってください。 世界水準の医学教育、研究、臨床を提供する山形大学医学部 ―高度な臨床能力と豊かな人間性を持った「良き医療人」となるための、確実なステップがあります― こちらをクリックしていただくと詳細がご覧いただけます。

9月の山形ファミリーナーシング研究会の予定が決まりました。

9月の山形ファミリーナーシング研究会の予定が決まりました。 詳細は以下をご覧ください。 http://yamagatafn.exblog.jp/16171468/ なお、前回7月の研究会の様子はこちらからご覧いただけます。 http://yamagatafn.exblog.jp/15942477/

平成23年度Student Nurse認定証授与式を行いました。

平成23年度Student Nurse認定証授与式を行いました。3年生63名全員がStudent Nurseの認定を受けることができました。医学部長、病院長、看護部長の多くの先生方からご祝辞をいただき、気持ちを引き締め9月からの臨床実習に臨みます。 この認定証授与式の様子は、NHK、TUYの取材を受け、当日のテレビニュースで紹介されました。

日本看護研究学会で奨励賞を受賞

このたび,高見(旧姓山本)三奈さんが日本看護研究学会誌に発表した原著論文が栄えある奨励賞を受賞しました。高見さんは本学の卒業生(4期生)であり,臨床看護学講座(小児看護)の元教員です。表彰された論文は以下の論文です。当学科に在職中に文部科学省の科学研究費の補助を受けて実施した研究の一部であり子どもの心の健康支援に寄与する重要な論文です。2011年8月7日に横浜パシフィコで開催された第37回日本看護研究学会学術集会で表彰されました。 高見三奈,佐藤幸子,塩飽 仁:親の役割受容と親役割行動が子どもの評価する家族機能と精神的健康に与える影響.日本看護学研究学会雑誌 32:55-63,2009   表彰状(奨励賞)    

平成23年度オープンキャンパスが終了しました

7月29日(金)山形大学医学部看護学科のオープンキャンパスが終了しました。 大講義室の会場が満席となるほどに、多くの受験生・保護者の方が参加くださいました。 看護学科棟の施設見学および演習体験では、どのコーナーも在学生と教員が受験生に丁寧な説明を繰り返し繰り返し行い、看護学への関心を深めてくれていたようです。

全体説明会

 

個別相談

母性小児看護学実習室

 

母性小児看護学実習室

 

基礎看護学実習室

 

老年看護学実習室

1 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43

アーカイブ

▲Pagetop