最新情報

全国初の Student Nurse 制度

平成22年度Student Nurse認定証授与式

 山形大学医学部では,既に医学科における「Student Doctor制度」を実施していますが,この度,看護学科においても「Student Nurse制度」を導入いたしました。

 これは,看護学生を「Student Nurse」と認定し,領域別臨床実習(主に附属病院)において学生が積極的に看護行為を体験学習できるようにする制度です。看護学生としての自覚,医療に携わる人間としての責任感や使命感を再認識させ,社会及び患者に対し,看護学生であってもStudent Nurseとして一定レベルの知識と技量を有していることを示すことで,その者の看護行為を大学(病院)が保証することを目的としています。看護実践能力の実技試験を実施し,臨床看護実習資格判定に合格した3年生54名に対し,8月23日(月)に第1回「Student Nurse 認定証授与式」を挙行しました。

 近年,看護系大学では,卒業時の看護実践能力を如何に高めるかが喫緊の課題となっておりますが,本制度はこの課題に積極的に挑戦するもので,日本でも初めての試みとなります。

認証式にて訓示を与える山下医学部長           訓辞を聞くStudent Nurse

山下医学部長が学生代表に認定証を授与

 

2010年度看護学科 体験入学 参加者募集のお知らせ

1.対象者

 山形大学医学部看護学科に入学を希望する高校2年生、3年生(既卒者を含む)

2.日時

平成22年9月11日(金)13:00~16:00(受付 12:40~)
定員に達したため、申し込みを終了しました。

3.場所

 山形大学医学部 看護学科棟前

4.プログラム内容

 12:40~ オリエンテーション
 13:00~ 山形大学医学部附属病院見学
 14:00~ 看護学科学生との懇談  
 15:00~ 模擬授業(看護体験をふくむ)
       『ターミナル(命の終幕)を支える看護』
      山形大学医学部看護学科 教授 佐藤和佳子

▼ 当日の服装は制服,もしくは,上は白のYシャツ・ブラウス・ポロシャツなど,下は紺・黒・グレー等のズボン又はスカートでおいでください。
▼ 患者さんやご家族に違和感を与える派手な服装の場合、病院見学ができない場合があります。
▼ スカートでおいでになる場合は、看護体験時に、ジャージの長パンツやズボン等に更衣できるよう、準備してきてください。

5.申し込み方法

▼ 申し込みフォームにて、お申し込みください。携帯からも申し込みができますが、パソコンからの方がスムーズです。
▼ 送信後,受付完了メールの受信を確認してください。
▼ メールアドレスは携帯でもかまいませんが、設定によっては返信メールが届きません。できるだけパソコンのメールアドレスを使用してください。

体験入学:山形県立鶴岡北高等学校

山形県立鶴岡北高校からの看護学科訪問プログラム

 大学での講義や体験を通して、看護職に対する理解を深めるとともに、学習意欲や進路意識の向上を図ることを目的として、2009年10月10日(土)鶴岡北高等学校の2年生30名のみなさんが本看護学科を訪問されました。 本学科では同校の皆さんに看護への関心を深めていただくため、1)本学科の紹介、2)実習施設である附属病院の紹介、3)模擬授業(小児看護)、4)在学生との交流を行いました。

在学生との交流では・・・

4年生に大学生活について、看護の勉強の仕方、受験勉強などグループに分かれて気軽に相談・お話をしました。各グループでは和気あいあいと、とても盛り上がって、時間が足りないようでした。

看護師になりたい人!                在校生との交流

 

臨床心理学の模擬授業では・・・

横山浩之教授に母親と子供の愛着形成について学びました。母子看護実習で用いる実際の赤ちゃんと同じ大きさ、同じ重さの人形を安全にハンドリングする抱っこの演習を体験しました。

模擬授業:母親と子どもの愛着形成        赤ちゃんのモデルで演習を体験しました

看護実践能力強化プログラム

DSを用いた心電図トレーニングの導入

 山形大学医学部看護学科では、臨床に直結する看護実践能力を強化するための新しい教育の取り組みとして、平成21年7月21日(火)にニンテンドーDSⓇを用いた心電図トレーニングを導入した学習を開始しました。

 山形大学では、全国に先駆けこのDSを用いた心電図トレーニングを教育体制の中に組み入れました。看護学科3年次生を対象に、70台のニンテンドーDSⓇと心電図ソフトが準備され、山形大学医学部循環器科の専門医から心電図に関する講義の後、一斉にニンテンドーDSⓇと心電図ソフトが学生に配布され、学生の心電図の知識を確認しました。このニンテンドーDSⓇと心電図ソフトは学生全員に長期間貸し出され、学生が主体的に心電図を読むための基本スキルを徹底的に学習し、習得状況を3回にわたって評価していくものです。この取り組みによって、9月から実施される山形大学医学部附属病院での臨地実習において実際の患者の心電図波形の理解とケア判断に直結する知識を強化していくことを目的としています。また、心電図などの資料から判断を要求される最近の国家試験への学習効果も期待できると確信しております。

 山形大学医学部看護学科は、アカデミズムと看護実践能力の育成を保証する教育体制をもつ看護系大学をスローガンとしてかかげており、この導入はこの教育体制を強化するための一環として実施されました。

 山形大学医学部循環器科の専門医による講義風景    ニンテンドーDSを用いた心電図トレーニング風景

 

1 35 36 37 38 39 40

アーカイブ

▲Pagetop