『客観的看護実践能力評価試験』タグの付いた投稿

12月24日看護実践能力到達度評価を実施しました

4年生を対象に看護実践能力到達度評価を実施しました。
学生は緊張した面持ちでしたが、4年間に学んだ知識と実習で経験した技術を総動員して、
真剣に取り組んでいました。

1 8 5

12月24日(火)4年生を対象とした客観的看護実践能力到達度試験を行いました

12月24日(火)4年生を対象とした客観的看護実践能力到達度試験を行いました。
学生は4年間で培った看護実践能力を発揮して、課題に取り組んでいました。
課題実施後には、評価者から良かった点や具体的な改善点についてアドバイスをもらい、
更なる実践能力の向上を目指します。

看護実践能力試験

7月19日に3年次を対象に客観的看護実践能力試験を行いました。
この試験に合格し、前期の専門科目に合格した学生にはStudent Nurseの称号が与えられます。
学生は緊張しながらも、実際の患者さんに接するように真剣に取り組んでいました。





平成23年度 看護実践能力到達度評価

12月19日(月)、本学科4年生を対象に、看護実践能力到達度評価を行いました。

本学科では、看護実践能力を育成するため3年次と4年次に実施します。

この評価では5つの実践的課題から1つを選択、課題に沿った看護実践を行い、

本学科教員と外部評価者とで修得状況を評価します。

学生は、想定した実際の支援場面に対し真剣に取り組んでいました。

 

3年生を対象に客観的看護実践能力評価試験を実施しました。

7月22日(金)、3年生を対象に、客観的看護実践能力評価試験を実施しました。 車椅子での移送や離床の援助などの看護技術を学生が実践し、外部評価者と教員が評価を行います。この試験に合格し、前期の専門科目試験に合格した学生はスチューデントナースの称号が与えられます。この日のために練習を積んできた学生たちは、緊張しながらも1つ1つの手技を確認しながら丁寧に取り組んでいました。

車椅子移送

離床の援助

外部評価者と教員からの評価場面

 

アーカイブ

▲Pagetop