審査なしのカードローンを利用したい人が必ず確認すべきポイント

審査なしのカードローンを利用したい人が必ず確認すべきポイントはココ

カードローン絞り込み検索リセット

 

カードローンでお金を借りたい人の中には、審査が煩わしいと考えている人や審査に自信がない、という人もいるのではないでしょうか。必要なお金が少額の場合は特にそう思ってしまうかもしれません。

 

しかしカードローンでは必ず審査が行われますし審査を行わない金融業者からお金を借りることは非常に危険です。

 

カードローンになぜ審査が必要なのか、その理由と審査を行わない金融業者からお金を借りてはいけない理由を解説するとともに、審査が通るためのポイントや審査なしでお金を借りる方法を紹介します。

 

 

審査なしのカードローンは存在しません。その理由を紹介

 

カードローンはどんなに少額の貸付でも審査を行わないことはありません。カードローンが審査を行うその理由を説明します。

 

貸し倒れを防ぐため

 

まずは貸し付けを行った利用者の貸し倒れを防ぐためです。金融業者が事業を継続するために最も避けなければいけないことは「貸したお金が返ってこないこと」です。

 

「お金を貸す」というビジネスにおいて利用者の貸し倒れは言語道断です。そのためカードローンでも利用希望者に返済能力があるかを必ず、そして慎重に審査します。

 

違法な貸し付けをしないため

 

貸金業者は総量規制の観点で年収1/3以上の貸し付けを法律で禁じられています。もし申し込んだ人の年収の1/3以上を貸し付けると違法になり、何らかのペナルティを受け事業継続が困難になります。

 

そのため、審査して申込者の年収と借入状況をチェックしなければいけません。

 

貸金業法で定めている「貸金業者」は消費者金融や信販会社、ノンバンクですので銀行は対象ではありません。

 

銀行系カードローンであれば総量規制に関係なく利用できるのでは?と思う人がいるかもしれませんが、銀行は独自の審査基準を持ち審査を行います。

 

貸金業者よりも厳しい審査基準を設定していると言っていいかもしれません。

 

審査なしのカードローンは絶対に利用してはいけません。

 

審査なしのカードローンは存在しない、と説明しましたがそれはあくまでも「正規の金融業者」です。世間には審査なしで貸し付ける金融業者も存在します。いわゆる「闇金」と呼ばれている非合法の金融業者です。

 

そのような違法な金融業者は絶対に利用してはいけません。その理由を説明します。

 

審査なしのカードローンは違法です

 

「審査なし」を謳い文句にしているカードローンは違法だと考えてください。

 

理由は前述したように貸金業者は個人への貸し付けの上限金額を法律によって決められているからです。審査をしないで貸し付けを行っている、ということは法律を無視していることになります。

 

違法な金融業者からお金を借りたらどうなるのか

 

違法な金融業者は、法定の上限金利を超える金利を設定しています。

 

闇金を題材としたマンガなどで「金利はトイチ(10日で一割)」という言葉をご存知の人もいるかもしれませんが、実際にトイチやトゴ(10日で五割)といった金利を設定している金融業者も存在します。

 

現在、10万円以下の法定の上限金利は20%ですが、「トイチ」を年利換算すると365%になります。

 

違法金融業者からお金を借りるとあっという間に利息が増え元金を超え完済することができない金額に借金が膨れ上がるでしょう。

 

また、違法な金融業者から借り入れを行い返済が滞ると違法な取り立て(自宅や職場に押しかけてきて返済を迫るなど)を受け精神的にも肉体的にも追い詰められてしまいます。

 

違法な金融業者からお金を借りると元の生活に戻れないでしょう。

 

違法な金融業者を見極める方法

 

現在数多くの金融業者が個人向けに融資を行っています。その中で絶対に借りてはいけない違法な金融業者を見極める方法を紹介します。

 

金融庁のHPで確認する

正規の金融業者は国や都道府県からの営業許可を受け、登録した上で営業を行います。

 

正規の金融業者は金融庁のHPに登録番号が記載されていますので、利用を検討している金融業者の知名度が低い(CM等でおなじみの消費者金融や信販会社以外)のであれば必ずチェックして登録されているかどうかを確認してください。

 

この時注意していただきたいのはチェックするのはあくまでも「金融庁のHP」であり、利用を検討している金融業者のHPではないことです。

 

自社のHPであれば虚偽の登録番号が記載していても見極めることができません。

 

無職、専業主婦OKと宣伝しているのは違法な金融業者

無職の人や専業主婦に対して融資可能、と謳っている金融業者は違法業者であると考えていいです。

 

貸金業者がお金を貸し付けるのは「定期的に収入がある人」に対して行うものと定められていますし、無職の人にお金を貸すと総量規制に抵触し違法となるからです。

 

広告の連絡先が携帯電話のみなのは違法な金融業者

貸金業法では貸金業者に対して固定電話の設置を義務付けています。広告で携帯電話しか記載していない貸金業者は違法であることがほとんどです。

 

ただし最近は電話の転送サービスもあるので、広告に記載されている電話番号が固定電話のものでも本当に事務所に設置されているかどうかを一概に判断できないこともあるので注意してください。

 

カードローンの審査項目と融資のポイントとは?

 

カードローンの審査はいくら避けたくても利用するにはかならず審査が行われます。審査を受けなければいけないのであれば審査を通過するための準備をして審査の対応をしましょう。

 

カードローンの審査のポイントを紹介します。

 

審査の流れと審査項目

 

カードローンの審査は、下記の流れで行われます。

 

申し込み→仮審査→必要書類を提出して本審査→在籍確認→審査完了→融資

 

カードローンの審査時間は各社によって様々です。審査が早い大手消費者金融であれば数十分で完了しし、銀行カードローンの審査完了は申し込んでから数日後です。

 

では、審査項目について解説します。

 

年収額、月額給与額

申し込んだ人の給与額は返済能力を判断するための要件であり、利用限度額を決定するためには非常に大きな要素でもあります。

 

総量規制に抵触しないかどうかを確認しなければいけないからです。

 

また、「継続して返済できるかどうか」も審査の判断基準で重要です。数か月継続して収入があるかどうかもポイントの一つです。

 

勤務先・勤務形態・勤務状況

申し込んだ人の勤務状況も融資の可否と利用限度額を決定する要件です。

 

 

零細企業より公務員や大企業に勤務しているほうが、アルバイトやパートより派遣社員や契約社員のほうが、派遣社員や契約社員よりは正社員のほうが、勤務して間もないより在籍期間が長いほうが、返済能力が高いと判断されます。


 

在籍期間は審査では大きなウエイトを占めます。転職して年収が上がったとしても在籍期間が短いと中長期的な返済能力に難ありと判断され審査に不利になります。

 

家族構成・住居の状況

家族構成や居住状況によっても審査の結果は異なります。

 

利用希望者が世帯主であった場合、家族の人数によって必要な生活費が変わるため返済能力も異なります。

 

もし住居が持ち家であれば万が一返済が不可能になった場合の担保となるため借り入れできる金額が大きくなります。

 

他社の利用状況

他社の利用状況や現在の借入金の状況も審査に影響します。総量規制があるからです。

 

総量規制で定められている「借入金の総額が年収の1/3以上に達している人には貸し付けを行ってはいけない」という「年収の1/3」とは、実際に借入している総額ではなく利用限度額の総額です。

 

そのため他社の利用状況は審査では重要なのです。

 

信用情報は問題ないのか

審査では、申し込んだ人が今まで金融事故を起こしていなかったかどうかを信用情報機関に確認します。

 

ローンやクレジットの利用状況は信用情報機関に登録され、カードローンを申し込むと金融機関に必ず照会します。

 

知用していたローンやクレジットを長期にわたり滞納した、自己破産や特定調停など債務整理をしていれば、ブラックリストに入っている人間として一定期間はローンやクレジットを利用できません。

 

申告した勤務先に勤務しているかどうか

最後に在籍確認です。申し込んだ人が申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認します。

 

具体的にはカードローンの担当者が勤務先に電話して在籍しているかどうかを確認します。

 

在籍確認でカードローンの担当者が勤務先に電話する場合、カードローンの社名でなく担当者の個人名で連絡が入ります。

 

また、在籍確認の電話は「申し込んだ人が勤務先に在籍しているかどうか」を確認できれば完了しますので不要な会話を行うこともありません。

 

電話の会話内容から職場の同僚にカードローンの利用が勤務先に知られてしまう、という可能性はないのです。

 

カードローンの審査に落ちないためにはどうすればいいのか?

 

カードローンの審査を無事に通過するために、押さえなければいけないポイントを紹介します。

 

利用限度額は最低限で申し込む

 

まず、カードローンに申し込む際には利用限度額を必要最低限の金額で申請してください。

 

金融業者がお金を貸すときは、希望金額が高ければ高いほど審査基準は厳しくなり審査が慎重に行われることになります。審査の通過を目的するのであればできる限り低い金額で申し込んでください。

 

多くの金額を利用したいという人は。審査通過後何度か借り入れと返済を行い、毎月滞りなく返済を続け半年から一年経過すれば増額の提案を受けることもあります。

 

むやみに申し込まない

 

いくら審査に自信がなくても複数のカードローンに短期期間の間に申し込んではいけません。信用情報には借入金の金額や件数、返済状況だけではなく申し込み状況も記録されます。

 

短期間に複数のカードローンに申し込むと「お金に困っている人」という印象を与えてしまい審査に不利になります。

 

少額の借り入れは完済・解約してから申し込む

 

複数のカードローンを利用しているのであれば、少額の借り入れは完済・解約してから申し込んでください。

 

総量規制は利用限度額を含めた借入金の総額を対象としているため少額の借入金のカードローンでも限度額を考えると審査と借入金額に影響するからです。

 

カードローンのHPの借入診断を試してみる

 

カードローンの利用を考えているのであれば、まずは大手消費者金融のHPにある借入診断で借り入れ可能かどうかを確認すれば審査結果や利用限度額、月々の返済金額などがイメージできます。

 

カードローンの審査に自信がない人は複数の消費者金融の借り入れ診断を試してみて自身の状況を確認してみてもいいでしょう。

 

審査なしでお金を借りる方法

 

カードローンに審査は不可欠ですが、審査なしでお金を借りる方法もあります。

 

審査なしでお金を借りる方法を紹介します。

 

クレジットカードのキャッシング枠

 

クレジットカードにはキャッシング枠は審査なしでお金を借りることが可能で、提携しているATMから気軽に借り入れができます。

 

ただし利用限度額がカードローンより低くされていますし消費者金融なみの金利が設定されています。十分に考慮してから利用してください。

 

生命保険の契約者貸付

 

契約者貸付制度のある生命保険に加入しているのであれば、終身型や積み立て型の生命保険の解約返戻金を担保としてお金を借り入れることができます。

 

生命保険の契約者貸付の限度額は、一般的には解約返戻金の70%~80%です。

 

生命保険の契約者貸付制度はあくまでも解約した時の払戻金を担保とするので掛け捨て型の生命保険では利用できません。

 

定期預金担保貸付

 

もし定期預金があるのであればその定期預金を担保として銀行から借入ができます。借り入れ可能な金額は銀行によって違うが定期預金の80~90%が一般的です。

 

 

定期預金担保貸付の金利は「定期預金+0.5%」程度で設定されており、返済は定期預金に入金するだけでOKです。急にお金が必要になっても定期預金を解約せずに済みます。