Student Nurse 制度

 山形大学医学部看護学科では、看護実践能力育成プログラムの一環としてStudent Nurse制度を導入しています。これは、臨床実習に入る学生に、看護学生としての自覚とモチベーションを与えるとともに、教員および指導者の自覚を高めることが目的です。

  学生の実践能力向上に向けた評価と指導を行い、臨床看護実習資格判定に合格した学生に「山形大学医学部Student Nurse」の称号を与えています。判定基準は、3年次臨地実習開始前の客観的看護実践能力試験の結果が一定水準以上に達していること、実習前に修得すべき所定の授業科目の単位をすべて修得していることです。 客観的看護実践能力試験は、一定時間内に要求される課題の技能を実施し、その適切さや態度を評価します。評価者は本学教員だけでなく外部の評価者を入れて、評価の適切さを担保しています。

  臨床看護実習資格判定に合格した学生は、医学部長と附属病院長から認定証が授与され、実習にあたります。認定期間は4年次統合実習の修了までです。

 Student Nurse制度は、実習中看護学生が看護行為をすることに対して大学としての姿勢や責任を実習施設や患者さんに示し、看護行為を行う学生の質を保証します。学生が実習しやすい環境につながります。また学生は、主体的に実習に参加し看護行為を行うことにより、看護実践能力の向上につなげることができます。

Student NurseStudent Nurse
Student Nurse 認定証授与式(平成23年度)

サイト内検索

▲Pagetop